脳溢血の後遺症と脳ドック、どちらを選ぶ?

b5a00b93f74c710ff9178683d616ffe0_s
健康な時こそ脳ドック

わずか数時間の検査で、わずか数十分の検査であなたの
健康を守れるのならこれを逃してしまうのは
とてももったいない事だとは思いませんか?

何時も健康だと思っているあなた、でも実は
脳卒中の危険因子を含んでいるのかもしれません。

しかし、その危険因子を見つけて治療に
専念すればいい事である、ただそれだけなのです。

何の症状も出ていなくても、脳梗塞や、脳出血などの
原因となる無症候性脳梗塞、未破裂脳動脈瘤などを
少しでも早く見つけるためには脳ドックに行きましょう。

脳卒中で命を落としますか?リハビリに苦しみますか?

32777b2377b927350af757dc9f500546_s

脳卒中は最悪命を落とします。

やはり検査で未然に防ぐしかないのです。

普段、めんどくさがりなあなた、わずか
数時間をめんどくさがってどうするのですか?

命に別状がなくても、麻痺などの
後遺症が残る可能性は十分にあります。

麻痺のためのリハビリはとてつもなく
苦しく、生涯にわたって行う必要があります。

一生にわたって苦しむくらいなら、発症する前の
数時間を検査に当てていればよかったなど
後悔する方は大勢いらっしゃいます。

リハビリで回復しないなら後悔100倍

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s

食事、入浴、トイレ、移動など普通に一人で
行うことができていても、麻痺がひどいと
常に介助が必要なケースも存在します。

あなただけではないのです。

その後の人生、その介助する家族もとても苦しむのです。

今まで楽しかった旅行など、あなたの人生から
その楽しみすら奪割れてしまう可能性が高いのです。

本当にそれでよいのですか?

脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血などの病気は、発症
している方は豊富な知識を持っていますが、
そうでない方はほとんど知らない方が多いのです。

発症してから色んな知識を得て後悔するのか、
発症前に未然に脳ドックで防ぐ方が良いのか、
賢い選択はもうわかりますね。

全国各地

コメントを残す